スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いいいいいいでぃいいいいいえええええええふ!

ようやく、Easy、Normal、Hard、Hardest、Inferno、すべてをクリア。

Infernoの「蟲の怒り」、「烈火」では本当に苦労した。

蟲の怒りは、バッファローワイドとゴリアスZで爆破狙撃、近寄ってきた蟻と蜘蛛をショットガンで。
開幕で味方の隊長二人を撃ち殺しその部下を配下に。出現と同時に蟻にゴリアスZをぶち込む。
あとはひたすら延々と初期位置から後ろ歩きしながらゴリアス!ゴリアス!ゴリアス!
仲間を信じてゴリアス!MAPの端まで来るころには仲間は全滅してるかしかけてるはず。
画面右へ平行移動しながらゴリアスとバッファローを駆使して方向転換。赤蟻を一匹だけ残して
アイテム回収して体力回復。第二波を迎撃する準備が出来たら赤蟻を倒して出現したと同時に
蟻を吹き飛ばす。ゴリアス数発とバッファローで片したら、別方角から来る蟻と戦闘。増援で
現れる仲間をうまく囮にして生き延び、第三派を迎え撃つ。この時、3方向から出現するが
蜘蛛が出現するところへ移動しておき出現と同時にまとめてゴリアス、失敗すると糸まみれで死。
蜘蛛が退治できたら蟻は何とかなるはず。そんな感じで100回くらいやってたら偶然クリア
できなかった感じ。クモの糸あふぉすぎ。生き残れるか、あんなの。C70とZEXR-GUNもって
ローリング爆破。漏れたのはセントリーで撃ち殺す。転がりがたらず自爆死すること100回くらいで
クリアできちゃった感じ。もう二度とクリアできそうに無い。蜘蛛うざすぎる。

烈火は様々な武器をトライしたけど、最終的にはC70爆薬と礼賛乙。
開始はトリガー引きっぱなしで礼賛をぶっぱなし一匹撃破。そして即座に前転5回して
ジャンプしてC70を投げる。後方へ下がりながら着地して即後方へ3回転。起爆。
すばやく前方に一回転してジャンプ設置。3回後転して起爆。もうこのへんで地獄絵図。
あとは2回ほど適当に蟻が密集してるところにC70を放り込んで起爆。大抵転がる前に
蟻にかまれるかヘクトルのアレにちゅどーんされ倒れる。起き上がり無敵を利用して起爆。
でも極力それはしない方向で。不可抗力のは仕方ないけど。自爆してると超興ざめ。
最後の蟻は初期位置の近辺4方にC70をなるべく離れて4つ設置して起爆。
ガンシップが自分の周囲を飛ぶので、引きながら設置起爆をしてもあまり倒せない。
むしろ自分の周囲に設置して周辺を起爆という風にすればゴッソリへらせる。自爆には注意。
これをしておかないとガンシップの数があまり減っておらず蟻がいなくなってもガンシップに
じわじわと削り殺されちゃう(ヘクトルのちゅどーんがくるのであまり悠長に狙撃できないから)。
この時点で見方が一人二人でも残っていれば残りのガンシップは簡単。残った味方に
むらがってる間に狙撃。ヘクトルだけ注意。ガンシップが掃除できたらようやくこちらに
向かってきているヘクトルと対峙。基本的には下がりながら礼賛乙で狙撃してしまう。
遠くにいる3体目のヘクトル(あしぶみしてて移動しないやつ)のちゅどーんには注意。
向かってくるヘクトル2体を始末したら、3体目を倒さずに第二波で現れる女王2匹の
出現場所にC70を設置。それぞれに5個。準備ができたら初期位置からまっすぐ進んだ
道路の突き当たりあたりまで前進(2機目のベガルタがあるところあたり)してヘクトルをぷちゅん。
このとき、回復アイテムの位置を把握しておく。ヘクトルを沈めた瞬間に女王と円盤出現。
速攻でC70を起爆して女王を瞬殺。そしてすぐさま礼賛乙で円盤を一つ沈める。
ここで時間切れ、投下された馬鹿みたいな数の黒蟻が爆速でせまってくるのでC70を
ジャンプ投下。後方に3回転して起爆。これを蟻がいなくなるまで投下、起爆、投下、起爆で。
酸をぶりぶりふりかけられるが、回復アイテムをうまく回収しながら増援のオメガ隊と合流すれば
C70からもれた蟻はレーザー処理される。残ってる円盤から延々と蟻が投下されるが
処理してるうちに隙が見つかるので円盤に礼賛乙を叩き込む。味方が全滅する前に
最後の円盤が落とせれば勝利。いろいろ細かいことは省いてるけど、こんな感じでようやく勝てた。
ニコ動の手榴弾と礼賛とかキチガイとしか思えない。㍉。でもまたクリアしろと言われれば
こっちは再現できそうだ。蟲の怒りは、作ったやつの頭おかしいだろ、としか言えない位むずい。

最後の「星船」、礼賛乙2丁持ちで速攻円盤とヘクトルを落とし、弾数調整して巨大砲を落とす。
この時、機密通信が発生した瞬間に巨大砲台に止めを。通信中はマザーシップが第二形態へ
移行しないのでそれを利用して礼賛乙を露出した弱点に最速でありったけの弾をぶちこむ。
弱点が隠れたら、移動を開始してマザーシップの真下へ。第二形態が始まり鈴虫みたいな
音を出すレーザーとプラズマ砲がおびただしい量で発射されるけど味方が生きてるはずなので
まずそっちへ撃たれる。その間に弱点がまた露出するので、ガンシップとかレーザーのダメは
ガン無視して礼賛乙連射。うまくいけば第三形態になるまえにマザーシップはしずむ。
第三形態になってしまったらシパーイ。やりなおし。

あーつかれた。

ジェノサイド・ガン たのすぃいい!!!!!!!!!!!!!!!!!!!
スポンサーサイト

すてぐれえむえふ

いーでぃーえふ!

いーでぃーえふ!

まぁ、まだしつこく地球を防衛してるわけですが。
いい加減嫁の視線が痛いですが、止められません。

最初のレアはC70爆弾。
次に出たのは馬糞でした。
その次はプロミネスMAでした。
3日くらいミッション46の巣穴3で粘ったら礼賛乙はさくっとでました。
昨夜ミッション50クリアしたらAF100もぽりっとでました。

でもスティングレイMFはでません。

ムキャー!

やん・いー VS あおきさやか

さてここ数年、露骨に適当な話題性というだけの理由で
受賞できてしまいそうな芥川賞ですが、今回の受賞者は
中国人作家の 楊逸 (ヤン・イー)さんです。

受賞した次の日、石原知事に「風俗小説だ」とかこき下ろされてました。
ざっと目を通したところ、なんとなく、「あー、そうだねーぇ」と思ってしまいましたが
先入観を持ってみてしまっている感もあるので、なんとも微妙です。
まぁ、やはり読みたいとは思いませんが。

というか、「蛇にピアス」とか「蹴りたい背中」が、自分的にはすざましいくらい
つまらなかったので、あれ以降個人的に芥川賞にはこれっぽっちも期待していません。
18歳のピチピチでかわいい女の子がちょっと面白い話を書いたら
受賞できてしまう、みたいな認識が私の中にできてしまいましたので。
前回の川上未映子もそんな類の受賞。きっと世間の認識も似たようなものだと思うのだが、どうよ?
書店の売り上げ的の話をすれば、あきらかに芥川賞は売れない。直木賞は売れるけど。

で、なによりきになってしかたないのは

楊逸 が 青木さやか にクリソツなことですけど

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。